掲示というのは誰にでもできるもっとも原始的な表現手段のひとつだ。
そこには、掲示した人の意図はもちろん、感情、工夫、不器用さ、言語能力、
そして時代背景や土地柄など、いろいろなものが詰まっている。
ひとつの作品として、また状況として、何気ない掲示物を満遍なく観察していくのがこのブログである。
 
志歌寿ケイト(しかすけ)

2015年は月・木の週2更新を目指します。
●しかすけの電子書籍『写真でつづる 東京の商店街 2005年撮影編 I 』『同 II』発売中です。
ten2005-1m.png ten2005-2m.png

2008年05月31日

No.00049 太字にしよう

00049.jpg
最初に書いたマジックは細かったようだ。
posted by しかすけ at 17:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | 掲示物写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月27日

No.00048 心配されちゃった

00048.jpg
マンション建設か何かの反対看板。いろいろ文字の強調をおこなって丁寧に書かれているが、文章の結びまで「心配である」と丁寧になっている。材質は布かシートっぽいもので、この手にしては珍しい。
posted by しかすけ at 21:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | 掲示物写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

No.00047 ここにはいるな

00047.jpg
理由もなく、ただただシンプルな呼びかけである。しかし実はひっかけで、「ここには、いるな」だったらどうしよう。
posted by しかすけ at 20:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | 掲示物写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月25日

No.00046 うなぎはどうなんだ

00046.jpg
内容の半分くらいはここまでして書く必要があるのかないのかよくわからないが、大きな看板で強烈な個性を発揮している。
posted by しかすけ at 17:09 | コメント(0) | トラックバック(0) | 掲示物写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月24日

No.00045 女学生とバケツと犬

00045.jpg
女子学生がバケツで河原にゴミを捨てていくと、そこに野良犬が。どんなシチュエーションだろう。手のポーズも意味がわからないが面白い。
posted by しかすけ at 14:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 掲示物写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月23日

No.00044 血文字

00044.jpg
血で書いたかのような文字が、危険性をよく表現している。
posted by しかすけ at 22:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | 掲示物写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
●しかすけの電子書籍『写真でつづる 東京の商店街 2005年撮影編 I 』『同 II』発売中です。
ten2005-1m.png ten2005-2m.png