掲示というのは誰にでもできるもっとも原始的な表現手段のひとつだ。
そこには、掲示した人の意図はもちろん、感情、工夫、不器用さ、言語能力、
そして時代背景や土地柄など、いろいろなものが詰まっている。
ひとつの作品として、また状況として、何気ない掲示物を満遍なく観察していくのがこのブログである。
 
志歌寿ケイト(しかすけ)

2015年は月・木の週2更新を目指します。
●しかすけの電子書籍『写真でつづる 東京の商店街 2005年撮影編 I 』『同 II』発売中です。
ten2005-1m.png ten2005-2m.png

2008年09月30日

No.00070 アピール

00070.jpg
なかなか丁寧で積極アピールだが、いっそ大きな1枚にしたほうが、遠くからの視認性もよくなるのではないだろうか。
posted by しかすけ at 22:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 掲示物写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月29日

No.00069 他にもいろいろございます

00069.jpg
なんでもある、街の中華屋さん。
特に自分はなぜかマイナーなモノを頼む癖があるので、「今ちょっとそれできないんですよ」といわれるのがすこし怖い。そして言われてからの自分の食欲のしぼみ具合といったら、もう店を出ようと思うほどなのである。
posted by しかすけ at 22:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 掲示物写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月28日

No.00068 売り物はどれだ

00068.jpg
似顔絵屋さんではない(と思う)。イラスト(まんが?)の中の文字のレイアウトが、なんとも時代を感じさせる。
posted by しかすけ at 11:34 | コメント(0) | トラックバック(0) | 掲示物写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月20日

No.00067 東京代表

00067.jpg
すごい、東京の代表みたいな名前のマンションだ。一枚ものっぽい、木彫りの看板。しかし案内しているのかどうかよくわからない図である。歴史を感じる。
posted by しかすけ at 22:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 掲示物写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月17日

No.00066 言いづらい

00066.jpg
出ませんでしたって言いづらいじゃないか、これは。
そしてなぜ翌日。閉店後の夜に使うこと前提ですか。
posted by しかすけ at 22:21 | コメント(0) | トラックバック(0) | 掲示物写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月10日

No.00065 お稽古

00065.jpg
さのさやどどいつを習うって、なんかかっこいいなあ。東京ならではの看板かもしれない。
posted by しかすけ at 22:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 掲示物写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月07日

No.00064 3要素

00064.jpg
御飯と刺身で寿司、というわけではない。なかなかリズムが良い。
posted by しかすけ at 21:34 | コメント(0) | トラックバック(0) | 掲示物写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月02日

No.00063 レトロなサウナ

00063.jpg
見ての通りの古めかしいサウナの看板。キャラもおぢさんだ。名前がGAKUGEIなのは学芸大学駅にあるから。
posted by しかすけ at 21:37 | コメント(0) | トラックバック(0) | 掲示物写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
●しかすけの電子書籍『写真でつづる 東京の商店街 2005年撮影編 I 』『同 II』発売中です。
ten2005-1m.png ten2005-2m.png