掲示というのは誰にでもできるもっとも原始的な表現手段のひとつだ。
そこには、掲示した人の意図はもちろん、感情、工夫、不器用さ、言語能力、
そして時代背景や土地柄など、いろいろなものが詰まっている。
ひとつの作品として、また状況として、何気ない掲示物を満遍なく観察していくのがこのブログである。
 
志歌寿ケイト(しかすけ)

2015年は月・木の週2更新を目指します。
●しかすけの電子書籍『写真でつづる 東京の商店街 2005年撮影編 I 』『同 II』発売中です。
ten2005-1m.png ten2005-2m.png

2009年01月29日

No.00089 叫ぶオットセイ

00089.jpg
薬局の古い宣伝垂れ幕。赤は退色したが黒はまだまだ濃い。オットセイのあまりの迫力に、上の高麗人参も猟奇的な生物か何かに見えてくる。
posted by しかすけ at 22:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 掲示物写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

No.00088 帽子屋閉店

00088.jpg
これもなかなか達筆な閉店告知。「当店」はややリキんだ感じもある。だんだんと落ち着いていくような筆運びに見える。
posted by しかすけ at 22:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 掲示物写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月23日

No.00087 知ってます

00087.jpg
当たり前の事も改めて書かれるとハッとさせられる。かもしれない。
posted by しかすけ at 22:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 掲示物写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月20日

No.00086 試合予定試合結果

00086.jpg
高校前のホワイトボードの掲示板。3色使われている。生徒が書いたものか、教員が書いたものか?
posted by しかすけ at 21:32 | コメント(0) | トラックバック(0) | 掲示物写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月13日

No.00085 ちょっと待ってください

00085.jpg
これも四国にて。「おりません」ではなく「ちょっと待ってください」。こうした掲示物の口調も、どこか温かみがある。
posted by しかすけ at 22:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 掲示物写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月11日

No.00084 うどんが安い

00084.jpg
四国の食堂。この書き方だといまいちアピールが弱いが、うどんが安い。都会なら赤い太い数字で強調するだろう。
posted by しかすけ at 22:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 掲示物写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月09日

No.00083 くさくて

00083.jpg
駐車禁止ではなく、エンジン停止。しかも理由つきである。なんというか、語りかけられている感じがする。
posted by しかすけ at 22:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 掲示物写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月07日

No.00082 手書きの宣伝

00082.jpg
ある商店街の酒屋の外壁。非常に丹念な手書きのポップである。普通は販促のポップなんかももらえるとは思うのだが、ここは実に丁寧でいつも感心する。イチオシが梅酒なのも良い。 
posted by しかすけ at 20:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | 掲示物写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
●しかすけの電子書籍『写真でつづる 東京の商店街 2005年撮影編 I 』『同 II』発売中です。
ten2005-1m.png ten2005-2m.png