掲示というのは誰にでもできるもっとも原始的な表現手段のひとつだ。
そこには、掲示した人の意図はもちろん、感情、工夫、不器用さ、言語能力、
そして時代背景や土地柄など、いろいろなものが詰まっている。
ひとつの作品として、また状況として、何気ない掲示物を満遍なく観察していくのがこのブログである。
 
志歌寿ケイト(しかすけ)

2015年は月・木の週2更新を目指します。
●しかすけの電子書籍『写真でつづる 東京の商店街 2005年撮影編 I 』『同 II』発売中です。
ten2005-1m.png ten2005-2m.png

2009年05月30日

No.00108 担担麺

00108.jpg
かなり簡単な看板。しかし何か隠してある。
posted by しかすけ at 22:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 掲示物写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月27日

No.00107 110番

00107.jpg
掲示物ファンとしては、まわりの赤いクネクネにこそ味を見出すべきだろう。
posted by しかすけ at 22:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 掲示物写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

No.00106 変体仮名

00106.jpg
まは「万」だと思うが、すは「須」だろうか? 知識なく太刀打ちできず。
posted by しかすけ at 22:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 掲示物写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月22日

No.00105 かめ ちゅうい

00105.jpg
実際のところ、亀に注意しつつ道路を走るのは危ない。掲載意図はいまひとつ不明。
posted by しかすけ at 22:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 掲示物写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月18日

No.00104 お茶屋さんの看板

00104.jpg
これはなかなかいい。右上のお茶は月に見立ててある?
posted by しかすけ at 22:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 掲示物写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月15日

No.00103 貸地

00103.jpg
子供が書いたかのような味がある。点もないし。「フォー」がちっちゃくなっちゃったし。
posted by しかすけ at 22:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 掲示物写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月12日

No.00102 伏字

00102.jpg
ヤバそうなモノは伏字にしてあるようだが、はたして意味はあるのだろうか。「サブリメント」は伏字じゃなくて単なる誤字?
posted by しかすけ at 22:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 掲示物写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月09日

No.00101 研ぐ3連発

00101.jpg
達筆。残念ながら(?)カタナはダメなようである。問題はシャッターが閉まりまくっていて、どこに頼んだらいいのかわらかない事か。
posted by しかすけ at 19:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | 掲示物写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
●しかすけの電子書籍『写真でつづる 東京の商店街 2005年撮影編 I 』『同 II』発売中です。
ten2005-1m.png ten2005-2m.png