掲示というのは誰にでもできるもっとも原始的な表現手段のひとつだ。
そこには、掲示した人の意図はもちろん、感情、工夫、不器用さ、言語能力、
そして時代背景や土地柄など、いろいろなものが詰まっている。
ひとつの作品として、また状況として、何気ない掲示物を満遍なく観察していくのがこのブログである。
 
志歌寿ケイト(しかすけ)

2015年は月・木の週2更新を目指します。
●しかすけの電子書籍『写真でつづる 東京の商店街 2005年撮影編 I 』『同 II』発売中です。
ten2005-1m.png ten2005-2m.png

2010年07月10日

No.00188 ドアを閉めて!

00188.jpg
自然な勢いが良い。ちょっと漫画のタイトルか擬音の文字みたいだ。言い過ぎか。
posted by しかすけ at 22:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 掲示物写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月09日

No.00187 私だけの

00187.jpg
こういう演歌や歌謡曲やなんかの、歌手と曲名だけのポスター、実は好きなのだが、なかなか入手するのも難しい。ある意味レア。PCの壁紙とかにしたら面白いのになあ。
posted by しかすけ at 22:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 掲示物写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月08日

No.00186 頂きます

00186.jpg
箇条書きではなくちゃんと「頂きます」ってつけるところが個人商店っぽくていい。ファーストフードのメニューに「頂きます」をつけてもそれはそれでいいけど。
posted by しかすけ at 22:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 掲示物写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月07日

No.00185 難病奇病

00185.jpg
病気になりそうなくらいの羅列っぷりである。神霊とか書いてあるのは正直で良い。
posted by しかすけ at 22:38 | コメント(0) | トラックバック(0) | 掲示物写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
●しかすけの電子書籍『写真でつづる 東京の商店街 2005年撮影編 I 』『同 II』発売中です。
ten2005-1m.png ten2005-2m.png