掲示というのは誰にでもできるもっとも原始的な表現手段のひとつだ。
そこには、掲示した人の意図はもちろん、感情、工夫、不器用さ、言語能力、
そして時代背景や土地柄など、いろいろなものが詰まっている。
ひとつの作品として、また状況として、何気ない掲示物を満遍なく観察していくのがこのブログである。
 
志歌寿ケイト(しかすけ)

2015年は月・木の週2更新を目指します。
●しかすけの電子書籍『写真でつづる 東京の商店街 2005年撮影編 I 』『同 II』発売中です。
ten2005-1m.png ten2005-2m.png

2010年08月11日

No.00195 あいさつで

00195.jpg
雨でだんだんと下へ流れ、内容とは裏腹に少し不気味な看板になってしまっている。ところでこういうのって実名フルネームで書かれているけど、いいんだろうか。一応モザイクしといたけど。
posted by しかすけ at 22:59 | コメント(0) | トラックバック(0) | 掲示物写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月10日

No.00194 海沿い

00194.jpg
海が近いため、海産物を入れる木箱が使われている。
posted by しかすけ at 22:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 掲示物写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月09日

No.00193 貸室

00193.jpg
地方の風呂なしアパート。肝心の家賃が書いてないのは交渉次第だからだろうか。アパートのこうした掲示物は大家の個性が出て面白い。
posted by しかすけ at 23:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | 掲示物写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月08日

No.00192 効果

00192.jpg
幅広の透明テープのようなもので貼り付けてあるのだが、なんだか漫画の集中線のような効果になっているのがわかるだろうか。「はり紙無断禁止」という語順無視っぷりも良い。
posted by しかすけ at 22:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 掲示物写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月07日

No.00191 位置が気になる

00191.jpg
「この場所は」だけ高い。あとから書き加えたのか、だんだん下がるように書こうとしたのか。「ビン・カンの置●く所」というところに怒りの一旦を感じる。
posted by しかすけ at 22:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 掲示物写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月06日

No.00190 2回言った

00190.jpg
大切なことは2度繰り返すというやつか。「下さい」がなければ最初の行はタイトルとも取れるのだが。しかし朝カラスが来るなら朝出しても来ると思うがどうか(私の地域では朝出して朝カラスが来ている)。
posted by しかすけ at 22:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 掲示物写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月05日

No.00189 豪華

00189.jpg
近所の理容店。なかなか気合の入った閉店知らせだ。自分で「豪華感謝品」というからにはよほどのものが贈られたのだろう。ちなみに1年近く経ってからまた床屋が開店した。
posted by しかすけ at 22:26 | コメント(0) | トラックバック(0) | 掲示物写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
●しかすけの電子書籍『写真でつづる 東京の商店街 2005年撮影編 I 』『同 II』発売中です。
ten2005-1m.png ten2005-2m.png