掲示というのは誰にでもできるもっとも原始的な表現手段のひとつだ。
そこには、掲示した人の意図はもちろん、感情、工夫、不器用さ、言語能力、
そして時代背景や土地柄など、いろいろなものが詰まっている。
ひとつの作品として、また状況として、何気ない掲示物を満遍なく観察していくのがこのブログである。
 
志歌寿ケイト(しかすけ)

2015年は月・木の週2更新を目指します。
●しかすけの電子書籍『写真でつづる 東京の商店街 2005年撮影編 I 』『同 II』発売中です。
ten2005-1m.png ten2005-2m.png

2010年09月08日

No.00200 ハート

00200.jpg
おかげさまで200記事となりました。ネタはあるのにサボってばかりでだいぶ時間がかかりましたが、これからも面白さとか奇抜さとかは無視して非生産的にほそぼそと続けていこうと思います。
posted by しかすけ at 22:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 掲示物写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月07日

No.00199 まぁいいか

00199.jpg
まぁいいかと思うだけで自然破壊の第一歩だとしたら怖い。思っただけで事を成し遂げるエスパー。
posted by しかすけ at 22:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 掲示物写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月06日

No.00198 の の の

00198.jpg
穏やかな海の手前によくある少々物々しい看板。表記の仕方が硬いというか古いというか、特殊だ。海藻類のあとのカッコは海藻の内訳ではなくそれ以外を指している。シッタカってなんだ。
posted by しかすけ at 22:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 掲示物写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月05日

No.00197 ミンナ

00197.jpg
進化したのか、直接書くのをやめている。だから垂れてない。カタカナにしちゃうのが若気のいたりっぽくて甘酸っぱい気持ちになるのは僕だけでしょうか。
posted by しかすけ at 11:38 | コメント(0) | トラックバック(0) | 掲示物写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月04日

No.00196 あいさつは

00196.jpg
これもだらだらと色が垂れてきて、ひとつの表示効果のようになっている。霊に言われているみたいな。
posted by しかすけ at 22:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 掲示物写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
●しかすけの電子書籍『写真でつづる 東京の商店街 2005年撮影編 I 』『同 II』発売中です。
ten2005-1m.png ten2005-2m.png