掲示というのは誰にでもできるもっとも原始的な表現手段のひとつだ。
そこには、掲示した人の意図はもちろん、感情、工夫、不器用さ、言語能力、
そして時代背景や土地柄など、いろいろなものが詰まっている。
ひとつの作品として、また状況として、何気ない掲示物を満遍なく観察していくのがこのブログである。
 
志歌寿ケイト(しかすけ)

2015年は月・木の週2更新を目指します。
●しかすけの電子書籍『写真でつづる 東京の商店街 2005年撮影編 I 』『同 II』発売中です。
ten2005-1m.png ten2005-2m.png

2016年01月28日

No.00442 立ち入らぬこと

00442.jpg

理由も書かずに「立ち入らぬこと」の一言というのがかっこいい。「鶴借44」の業務的な感じもまた良し。
posted by しかすけ at 21:55 | コメント(0) | トラックバック(0) | 掲示物写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月22日

No.00441 危険です

00441.jpg

注意事項だけでなく、「この約束を必ずお守りください。」とあるのが良い。
posted by しかすけ at 22:11 | コメント(0) | トラックバック(0) | 掲示物写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

No.00440 臥薪嘗胆

00440.jpg

「矢向車掌区マイプロ臥薪嘗胆」が醸し出すなんとも言えない謎というか尖りというか、なかなか見ない感じだと思う。
posted by しかすけ at 21:37 | コメント(0) | トラックバック(0) | 掲示物写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月12日

No.00439 今年の目標

00439.jpg

私の今年の目標を掲示してみた。達成できるかわからないけれど、本年もよろしくお願いします。
posted by しかすけ at 21:11 | コメント(0) | トラックバック(0) | 掲示物写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
●しかすけの電子書籍『写真でつづる 東京の商店街 2005年撮影編 I 』『同 II』発売中です。
ten2005-1m.png ten2005-2m.png