掲示というのは誰にでもできるもっとも原始的な表現手段のひとつだ。
そこには、掲示した人の意図はもちろん、感情、工夫、不器用さ、言語能力、
そして時代背景や土地柄など、いろいろなものが詰まっている。
ひとつの作品として、また状況として、何気ない掲示物を満遍なく観察していくのがこのブログである。
 
志歌寿ケイト(しかすけ)

2015年は月・木の週2更新を目指します。

2007年04月21日

このサイトについて

このブログは
主に屋外に貼り出された「貼り紙」「看板」「注意書き」「標識」「ポップ」「幕」などの掲示物の写真をひたすら掲載していくブログです。

管理人について
http://shikasukeito.blogspot.jp/
こちらにプロフィールがありますので、ご覧ください。
お問い合わせもこちらへお願いします。

何故やっているのかと言えば
掲示というのは、自分の体を直接使わない表現方法としては原始的で、それゆえ誰にでもでき、さまざまな人の思惑・感情・工夫・人生などが現れるものだと思います。それを観察していくのは楽しいと、私は考えています。ただ、自分の中では「わーっ」という楽しさではなく、「ほうほう、これはこれは」みたいな楽しさです。

掲載基準は
掲示物であることだけです。そのものの面白さやおかしさ(笑い)は特に求めていません。たくさん集めて観賞することで見えてくることもあるのではないか、という意図で制作しています。基本的には、変な掲示物を笑うためのブログではありません。

写真は
まったくの素人です。コンパクトデジタルカメラで撮影しています。また、歩きながら短時間で撮っています。人が写りこむ場合は斜めなどから遠慮して撮っています。多くは撮影した写真の掲示物部分を切り取って掲載していますので、サイズがバラバラです。掲示物はその風景全体でも楽しめるのですが、全体が見えて掲示の内容も読める画像サイズにすると、容量の都合上あまりよくないのでこのような掲載方式になっています。ご了承ください。

タグは
掲示物の持つ属性に合ったタグをつけていますが、厳格な基準ではありません(つけ忘れているものもあります)。もしガムテープだけや閉店だけに興味がある場合は、それぞれタグクラウドから選んでみてください。

注意事項・ご連絡など
内容(写真)の無断転載・改変はご遠慮ください。コメントは投稿後に私が承認したもののみ表示されますので、表示まで1-数日かかる場合もあります。コメント欄での商業的宣伝や、記事と無関係な書き込みはおやめください(こちらで不適切と思ったものは削除します)。

リンクは自由にしてくださってかまいませんが、突然消えることもあります。管理人しかすけへのご連絡・ご依頼等はプロフィールをご覧ください。その他の軽いご意見などはこの下のコメント欄にでもどうぞ。

プライバシーポリシー
当サイトでは、第三者配信事業者によるサービスを使用して広告を表示しています。これらの第三者配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示する目的で、当サイトや他のサイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません)。このプロセスの詳細や、第三者配信事業者にこれらの情報が使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。
タグ:サイト説明
posted by しかすけ at 18:02 | コメント(0) | このサイトについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
●しかすけの電子書籍『写真でつづる 東京の商店街 2005年撮影編 I 』『同 II』発売中です。
ten2005-1m.png ten2005-2m.png

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]