掲示というのは誰にでもできるもっとも原始的な表現手段のひとつだ。
そこには、掲示した人の意図はもちろん、感情、工夫、不器用さ、言語能力、
そして時代背景や土地柄など、いろいろなものが詰まっている。
ひとつの作品として、またその日その時だけの状況記録として、
何気ない掲示物を満遍なく観察していくのがこのブログである。
 
志歌寿ケイト(しかすけ)
 
●しかすけの電子書籍『写真でつづる 東京の商店街 2005年撮影編 I 』『同 II』発売中です。
ten2005-1m.png ten2005-2m.png

2015年11月11日

No.00434 理由はハト

00434.jpg

ハトが入るところというといったいどこかと思うが、実はこれはセルフ精米機の貼り紙。納得の一枚。
posted by しかすけ at 23:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | 掲示物写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月09日

No.00433 新システム

00433.jpg

いろいろと工作の跡が伺えるラーメン店の屋外掲示物。店によるルールというのは本当にいろいろあり、面倒に思う私のような人間もいるので、わかりやすい掲示があるにこしたことはない。
posted by しかすけ at 22:54 | コメント(0) | トラックバック(0) | 掲示物写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月06日

No.00432 この付近に

00432.jpg

この付近じゃなくてもダメだろう・・・。落書きがちょっと吐いてるっぽく垂れている。
posted by しかすけ at 21:21 | コメント(0) | トラックバック(0) | 掲示物写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月04日

No.00431 ローカル商品

00431.jpg

こういう感じのその土地のローカル商品の掲示物もよそ者からしたら特別感がある。旅の記念に掲示物写真。
posted by しかすけ at 22:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | 掲示物写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月03日

No.00430 剥がされすぎ

00430.jpg

あまりに剥がれている。わざわざ別の文字になるようにされているから悪戯だろう。でも読めてしまう。
駅長名だけは悪戯されていないのもわざとか。
posted by しかすけ at 22:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | 掲示物写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月28日

No.00429 パパ黒くナローヨ

00429.jpg

昔の佐藤隆さんみたいな男性。パーマのジョーという名前も抜群に良い。
posted by しかすけ at 23:14 | コメント(0) | トラックバック(0) | 掲示物写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月23日

No.00428 カツラセンター

00428.jpg

「全かつら」「半かつら」ってあんまり聞かない言葉だ。ローカル店の広告看板もいいものだなあ。
posted by しかすけ at 20:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | 掲示物写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
●しかすけの電子書籍『写真でつづる 東京の商店街 2005年撮影編 I 』『同 II』発売中です。
ten2005-1m.png ten2005-2m.png

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。